« 2007年12月22日 | トップページ | 2007年12月27日 »

2007年12月24日

仲間の勧誘

仲間に誘われてこの会に加入できるのは幸運としか言いようがない。

それは誰の助けも借りないで、見知らぬ組織に加入することを思えば判ります。

知人は一人もいません。日常の挨拶も歓迎の言葉もありません。

HPには大いに歓迎と書いてあっても、世話人さえもそ知らぬ顔で作業に専念している。

居心地は最悪です。

だが、集団になじむのはここが堪忍のしどころです。

ひたすら耐えるしかない。

ここで引き下がったら、先の新たらしい人生は全く開きません。

2回、3回と回を重ねるうちに顔見知りが増えてきます。

組織の大まかな姿も判ります。

10回も参加するともう大丈夫です。

会の運営について意見も言えるし、仲間も増えます。

こうなると参加し仲間と行動することが楽しくなります。

大人の隠れ家に関心があるという友人とであった。

会長や幹事に皆さんを紹介しよう。

だが、本当は一人で参加してその会の雰囲気を味わってほしい。

そこに新しい付き合いがはじまります。

仲間と一緒に入るとその後も仲間と離れられないから、新しい人間関係は始まらない。

これが今日あった仲間へのアドバイスでした。

勧誘はしますが、自分の意思で参加するかどうか決めてほしい。

そしてたったひとりで手続きをして、イベントに参加してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月22日 | トップページ | 2007年12月27日 »