« 2008年8月4日 | トップページ | 2008年9月18日 »

2008年9月15日

かくれ家の昆虫たち

ここは市街地に近いが、樹林に囲まれた別天地。Img_1335_1_1

清流が涼気をはこび、日陰が汗をぬぐう。

樹上家屋・ツリーハウスも秋には完成するそうだ。

このクマゼミは自宅の近くで、撮ったものです。Img_1260_1_1_1

かつては広島ではみられなかったセミだそうだ、いまや、うるさいほどに大合唱する。

温かい地方のセミがこの地で繁殖できるのは温暖化のせいかも知れない。

夏は昆虫の宝庫となる。Img_1270_1_1_1

それは昆虫の好きな樹液をだすクヌギなどが沢山あるからだ。

カナブンを見つけた。クワガタなども夜には見られるかもしれない 。

これはルリシジミ。Img_1282a_1_1

かくれ家の看板がでている参道付近でみかけた。

このほかアゲハ、ミスジチョウなど頻繁に見かけます。

アブの仲間も多い。

花の蜜に集まる花アブ。

牛や馬の生血を吸う牛アブ・・・・池で泳いで、甲羅干しをやっているといつのまにか足や背中でImg_1357a_1_1_1血を吸う。

昆虫の体液を吸うムシヒキアブ。

これがそうだ。大きなセミを捕らえたのはいいが、持ち運びができない。

セミを捕らえて山道に落ちたのであろう。そのままセミを餌食にしている。 ここは中小田古墳分群がちかい。Img_1361_1_1

でも草に覆われて、古墳の石積は見えない。

遺跡は人の手を加えてならないのが原則だろうが、

見学の用に供するには手入れもいるのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月4日 | トップページ | 2008年9月18日 »