« 2008年12月9日 | トップページ | 2009年1月7日 »

2008年12月25日

雨の中で、ガンス一行に手打ちそばを振舞う

12月21日、10時頃から雨になった。Img_5661b_1_1_1

雨降りは予想していたので、屋根のある物置でソバを打った。

湯がきは少々の雨でもかまわない。

という次第でガンスの一行を迎えたのが12時まえ。

20名の休憩と食事はドーム・ハウスでお願いした。

雨が激しくなり、湯沸しの火力が上がらないのでImg_5664_1_1

火吹竹で空気を送り込んでもらった。

これにはガンスの仲間が加勢してくださった。

アメリカ人の女性が手伝ってくれた。

もっと強く吹けというわけで、アメリカ人の高校生も

加勢に加わってくれた。

息が漏れないように口元を押さえるのワザのひとつです。Img_5665_1_1_1

お陰でそばは美味しかったと好評でした。

どんぶり持参で、お代わりの行列ができた。

ブランコで遊んでもらいたかったし、中小田古墳群も案内したかったが、

うらみの雨となった。

インドの青年が広島を離れ、神戸に行くという。

カレのニックネームを「ガンジー」となずけたことがある。

それはインド建国の父ガンジーによく似ているからです。

まるい鼻メガネがそっくりでした。

女学院大学のN教授も参加されていた。

雨のせいで、カマの火を焚くのに手間取り、燃やす木がなくなったり、

茹で上がるのにも時間がかかるし、ハテはいらいらがつのり、お客さまにまで、当たり散らすというはた迷惑な

ソバウチとなりました。

顰蹙ものでした。

深く反省し、こころからお詫び申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月9日 | トップページ | 2009年1月7日 »